著作・報告書紹介

【2024年】

編者名:ジェンダー事典編集委員会
書名:『ジェンダー事典』
出版社・出版年月:丸善出版・2024年1月
内容:「宗教と信仰」に1つの章が割り振られたジェンダー事典として画期的なもの。
https://www.maruzen-publishing.co.jp/item/b305479.html

【2023年】

著者名:岡本亮輔
書名:創造論者vs. 無神論者──宗教と科学の百年戦争
出版社・出版年月:講談社・2023年9月
内容:スコープス裁判から新無神論者までの創造論者と無神論者の闘争史を追いながら、宗教と科学の今後の関係性を模索する。
https://bookclub.kodansha.co.jp/product?item=0000381113

著者名:下村育世
書名:『明治改暦のゆくえ――近代日本における暦と神道』
出版社・出版年月:ぺりかん社・2023年2月
内容:明治改暦以降の政府統制の暦と、近代神社・神道や天皇制との関係を考察。
http://www.perikansha.co.jp/Search.cgi?mode=SHOW&code=1000001915

編者名:中野毅・平良直・粟津賢太・井上大介
書名:『占領改革と宗教――連合国の対アジア政策と複数の戦後世界』
出版社・出版年月:専修大学出版局・2022年9月
内容:諸連合国の対日政策、南西諸島や旧植民地での占領、宗教、天皇制を再検討。
http://www.senshu-up.jp/book/b612924.html

編者名:伊原木大祐・竹内綱史・古荘匡義
書名:『宗教学(3STEPシリーズ 4)』
出版社・出版年月:昭和堂・2023年4月
内容:近年の研究を踏まえた概説と、具体的な事例や問いで宗教学の深みに誘う。
http://www.showado-kyoto.jp/book/b620511.html

著者名:杉岡良彦
書名:『共苦する人間――医学哲学から宗教と医学を考える』
出版社・出版年月:春秋社・2023年2月
内容:医療現場や科学的データも踏まえつつ両者の関係を医学哲学の立場から考察。
https://www.shunjusha.co.jp/book/9784393324080.html

著者名:早川祥賢(敦)
書名:『道元『正法眼蔵』仏経・無情説法 略解』
出版社・出版年月:東北大学出版会・2023年2月
内容:道元『正法眼蔵』の「仏経」巻と『無情説法』巻の現代語訳と解説。
https://www.tups.jp/book/book.php?id=461

著者名:井川裕覚
書名:『近代日本の仏教と福祉――公共性と社会倫理の視点から』
出版社・出版年月:法藏館・2023年1月
内容:仏教社会福祉事業を通して近代日本の公共空間の形成過程を示した著書。
https://pub.hozokan.co.jp/book/b618066.html

編者名:イスラーム文化事典編集委員会
書名:『イスラーム文化事典』
出版社・出版年月:丸善出版・2023年1月
内容:中東だけでなく東アジア、欧米などさまざまな地域のイスラーム文化を紹介。
https://www.maruzen-publishing.co.jp/item/b304783.html

編者名:MATSUMARU Hisao, ARISAKA Yoko, Lucy Christine SCHULTZ
書名:Tetsugaku Companion to Nishida Kitarō
出版社・出版年:Springer, 2022 (Hardcover Book, eBook)
内容:西田哲学展開の各局面の解明を試みた。全体の見渡しは「導入」に見出せる。
https://link.springer.com/book/10.1007/978-3-319-41784-4

 

本ページへの情報掲載を依頼するさいは、「掲載案内」ページをご覧ください。会員向けメールマガジンにも情報を掲載いたします。

上に戻る