学会紹介

概要
本学会は、宗教学の研究に関係する団体および個人の研究上の連絡を図り、宗教学の発展普及を期することを目的とする。1930年(昭和5年)に設立されて以来、すでに90年を超える歴史を有し、宗教研究のための日本におけるもっとも包括的な学術団体である。

会員
本学会の個人会員には、普通会員、維持会員、準会員がある。個人会員として入会を希望する者は、会員2名の紹介をもって申込み、理事会の承認を受けなければならない。普通会員、維持会員は、学術大会に参加し、研究発表を申込むことができる。また本学会が刊行する学術誌に論文を投稿することができる。個人会員のほかに団体会員があり、団体会員は「準会員」もしくは「賛助会員」として入会することができる。

学会組織
本学会の最も重要な議決機関は総会であり、原則として学術大会の際に開催される。
役員は会長、常務理事、理事、評議員、監事からなる。役員任期は各3カ年である。
会長の下に庶務委員会、国際委員会、『宗教研究』編集委員会、情報化委員会、大会プログラム委員会、等の委員会が設けられ、それぞれ学会運営の実務を担当している。

学術大会
本学会の学術大会は、通例、毎年秋に3日間の日程で毎年異なる大学等で開催されている。大会初日には公開シンポジウム等が開催され、2日目と3日目に個人発表、パネル発表等が行われる。

定期刊行物
本学会は、会員の研究発表の場として『宗教研究』を刊行している。『宗教研究』は1916(大正5)年に本学会の前身である宗教研究会によって創刊され、2021年6月刊行の第95巻第1輯をもって通算400号に達した。現在は、主に学術論文を掲載する本冊が年3回(6月、9月、12月)、学術大会の発表要旨等を収録した「別冊」が1回(3月)刊行されている。9月刊行の本冊は編集委員会が企画する「特集号」である。
2012年からは、英文学術誌Religious Studies in Japanを隔年に刊行している。

個人会員の年会費
個人会員の種別および年会費は次の通りである。(2021年度)

維持会員 年額 12000円
普通会員 年額 8000円
準会員 年額 7000円