228号(50巻1輯)

『宗教研究』228号(50巻1輯)
昭和51(1976)年?月?日発行


第1巻第1号

画像をクリックすると本文PDFが開きます。Click to open contents as PDF format.

――目次――
論文
1, 『次第禅門』所出の「北国諸禅師」の「通明観」, 多田孝正, On Tongmínguăn (通明観) of Chanshi (禅師) in North China according to the Cídíchámén (次第禅門), Kōshō TADA, pp.1-21.
2, 民俗的象徴と原始的宗教性:折口信夫の民俗学発見, 島薗進, Folkloric Symbols and Primitive Religiosity: How Shinobu Orikuchi Discovered the Method of Folklore, Susumu SHIMAZONO, pp.23-43.
3, 体験的コスモロジについて:W.ライヒの場合, 小野泰博, On tha Cosmology as Experience (la cosmologie vécu), Yasuhiro ONO, pp.45-66.

特別寄稿
4, イギリス宗教社会学の最近の動向, ブライアン・R.ウィルソン, Bryan Willson, pp.67-94.

書評と紹介
5, 八木誠一著『仏教とキリスト教の接点』, 西村恵信, Eshin NISHIMURA, pp.95-98.
6, 金子晴勇著『ルターの人間学』, 谷口茂, Shigeru TAGUCHI, pp.98-101.
7, 鈴木範久著『内村鑑三とその時代―志賀重昂との比較―』, ジャン・ハウズ, Jan HOUZE, pp.101-105.