223号(48巻4輯)

『宗教研究』223号(48巻4輯)
昭和50(1975)年?月?日発行


第1巻第1号

画像をクリックすると本文PDFが開きます。Click to open contents as PDF format.

――目次――
論文
1, ヨハネ福音書における「しるし資料」:様式史的考察, 大貫隆, Semeia-Quelleu im Johannesevangelium: Eine formgeschichtliche Forschung, Takashi ŌNUKI, pp.1-22.
2, クリストフ・ブルームハルトにおける「神の国」思想の構造:一宗教思想における
社会への動機づけの研究, 金井新二, Die Struktur des “Reich Gottes” bei Christoph Blumhardt: Soziale Motivierung seines Gedankens, Shinji KANAI, pp.23-41.
3, カントの『形而上学講義』における自由論, 小西国夫, Über die Freiheitslehre Kants, Kunio KONISHI, pp.43-65.
4, 敦煌出土『請二和上答禅策十道』について, 田中良昭, On “Zen Catechism Answered by Two Zen Masters” from Tun-huang, Ryōshō TANAKA, pp.67-93.

書評
5, 武藤一雄著『宗教哲学の新しい可能性』, 金子晴勇, Haruo KANEKO, pp.95-99.