217号(47巻2輯)

『宗教研究』217号(47巻2輯)
昭和49(1974)年?月?日発行


第1巻第1号

画像をクリックすると本文PDFが開きます。Click to open contents as PDF format.

――目次――
論文
1, 人と地:『バルナバの手紙』6・9の宗教史的背景をめぐる考察, 水垣渉, Man and Earth, A study on the religio-historical background of the Epistle of Barnabas 6, 9, Wataru MIZUGAKI, pp.1-21.
2, S.キルケゴール『哲学的断片へのあとがき』の構成と成立について, 小川圭治, Die Entstehung und Struktur der “Nachschrift zu den philosophischen Brocken” von S. Kierkegaard., Keiji OGAWA, pp.23-52.
3, 伊勢神道神学発生の一基盤, 鎌田純一, The Foundation of the Theology of Ise-Shinto, Jun’ichi KAMATA, pp.53-74.
4, 四国遍路における接待の意味:有田接待講の場合, 星野英紀, Shikoku Pilgrimage and the Meaning of Settai, Eiki HOSHINO, pp.75-96.
5, 袈裟史における道宣の地位:六物を中心に, 川口高風, On the Role of Nan Shan Tao Hsüan (南山道宣) in the History of the Robe (Kāṣāya), Kōfū KAWAGUCHI, pp.97-123.

書評
6, 井門富二夫著『世俗社会の宗教』, 藤井正雄, Masao FUJII, pp.125-130.