213号(46巻2輯)

『宗教研究』213号(46巻2輯)
昭和48(1973)年?月?日発行


第1巻第1号

画像をクリックすると本文PDFが開きます。Click to open contents as PDF format.

――目次――
論文
1, 古代イスラエルにおけるアシュタルテ信仰, 大畠清, Ashtarte Belief in Ancient Israel, Kiyoshi ŌHATA, pp.1-16.
2, 現代におけるキリスト教の根本問題:赤岩栄氏の問題提起をめぐって, 中川秀恭, A Fundamental Problem of Christianity Today as Pointed Out by the Late Rev. Sakae AKAIWA, Hideyasu NAKAGAWA, pp.17-38.
3, パリッタ(Paritta)呪の構造と機能, 奈良康明, The Structure and Function of the Paritta, Yasuaki NARA, pp.39-69.
4, 正理・勝論学派の有神論に対する仏教論理学派の批判(2):シャーンタラクシタにおける, 木村俊彦, Gottesbeweiskritik Śāntarakṣitas zu Nyāya-Vaiśeṣika, Toshihiko KIMURA, pp.71-89.
5, 禅宗は恵能と壇経以後に:伝心法要より考察して, 長嶋孝行, Summary of “伝心法要” (Denshin Hoyo: Lectures on imparting mind), Takayuki NAGASHIMA, pp.91-116.

書評
6, 荒井献著『原始キリスト教とグノーシス主義』, 滝澤武人, Taketo TAKIZAWA, pp.117-123.