212号(46巻1輯)

『宗教研究』212号(46巻1輯)
昭和47(1972)年?月?日発行


第1巻第1号

画像をクリックすると本文PDFが開きます。Click to open contents as PDF format.

――目次――
論文
1, M.ウェーバー『宗教社会学』におけるカリスマと非合理性, 白井暢明, “Charisma” and “Irrationality” in Max Weber’s Sociology of Religion, Nobuaki SHIRAI, pp.1-23.
2, 宗教意識の因子分析的研究, 家塚高志, A Factor-Analytical Study of Religious Consciousness, Takashi IETSUKA, pp.25-52.
3, ロバート・ベラーにおける宗教理論の展開, 小林正佳, Development in Robert Bellah’s Theory on Religion, Masayoshi KOBAYASHI, pp.53-71.
4, 第Ⅰテサロニケ四15の λóγος κυρίου について, 青野太潮, λογος κυριου in 1. Thessalonicherbrief 4, 15, Tashio AONO, pp.73-100.
5, 比較宗教人間学への一視点:梁川の「見神」と独歩の「見死」における, 松本皓一, A Point of View of the Comparative Study of Religious Persons: Ryōsen’s 〈i〉Kenshin〈/i〉 and Doppo’s 〈i〉Kenshi〈/i〉, Kōichi MATSUMOTO, pp.101-121.