209号(45巻2輯)

『宗教研究』209号(45巻2輯)
昭和47(1972)年?月?日発行


第1巻第1号

画像をクリックすると本文PDFが開きます。Click to open contents as PDF format.

――目次――
論文
1, 菩薩蔵経と宝積経, 平川彰, Bodhisattvapiṭakasūtra and its connections with Mahāratnakūṭasūtra, Akira HIRAKAWA, pp.1-25.
2, 仮説・禅宗は恵能と壇経以後に:馬祖語録より考察して, 長嶋孝行, Emergence of the So-called Zen Sect after Hui-nêng and Platform-sutra: On due consideration of Baso’s Annalects 馬祖語録, Takayuki NAGASHIMA, pp.27-52.
3, 西方浄土・アメンテ・エーリュシオン, 定方晟, Sukhāvatī, Amente, Ēlysion, Akira SADAKATA, pp.53-69.
4, 葦の海伝承における分水モチーフ, 定形日佐雄, Das Motiv der Wasser-Spaltung in der Schilfmeersüberlieferung, Hisao SADAKATA, pp.71-88.

展望
5, 現代キリスト教の他宗教観:ヘンドリック・クレーマーを中心として, 管井大果, Taika SUGAI, pp.89-106.

書評
6, 高木きよ子著『ウィリアム・ジェイムズの宗教思想』, 松本皓一, Kōichi MATSUMOTO, pp.107-112.