208号(45巻1輯)

『宗教研究』208号(45巻1輯)
昭和46(1971)年?月?日発行


第1巻第1号

画像をクリックすると本文PDFが開きます。Click to open contents as PDF format.

――目次――
論文
1, 宗教史と歴史解釈の枠組, 田丸徳善, Religionsgeschichte und die Grundkategorien der Geschichtsinterpretation, Noriyoshi TAMARU, pp.1-25.
2, 五思想よりみた弥勒の著作:特に『瑜伽論』の著者について, 横山紘一, Maitreya’s Writings as Seen from the Five Thoughts: On the Author of the Yogācārabhūmi, Kōichi YOKOYAMA, pp.27-52.
3, アーミシュの自文化運動, 坂井信生, Perpetuative Nativistic Movements of the Old Order Amish, Nobuo SAKAI, pp.53-74.
4, 古代朝鮮の信仰と巫教, 柳東植, Forms of Old Korean Beliefs Reflected in Myths and Rites, Tongshik RYU, pp.75-98.

展望
5, 現代の世俗化論争:ルックマンを中心として, ヤン・スィンゲドー, Yan Swyngedouw, pp.99-111.

書評
6, 窪徳忠著『沖縄の習俗と信仰』, 藤井正雄, Masao FUJII, pp.112-117.