205号(44巻2輯)

『宗教研究』205号(44巻2輯)
昭和46(1971)年?月?日発行


第1巻第1号

画像をクリックすると本文PDFが開きます。Click to open contents as PDF format.

――目次――
論文
1, 宗教的言語をめぐる諸問題, 藤田富雄, Some Issues in the Discussion of Religious Language, Tomio FUJITA, pp.1-23.
2, 宣長「遺言書」の再考察, 戸田義雄, A Reconsideration of the Last Testament of Norinaga, Yoshio TODA, pp.25-40.
3, 原始仏教における愛と慈悲, 村上真完, “Love and Pity” in the Early Buddhism, Shinkan MURAKAMI, pp.41-82.
4, クザーヌスにおける思惟の構造と特質:とくに「数学的なもの」の意味をめぐって, 薗田坦, Eine Betrsachtung zum Grundzug des Denkens bei Cusanus, Tan SONODA, pp.83-107.

書評
5, Mitsuyosi Saigusa, Studien zum Mahāprajñāpāramitā(upadeśa)śāstra, 梶山雄一, Yūichi KAJIYAMA, pp.109-113.