204号(44巻1輯)

『宗教研究』204号(44巻1輯)
昭和45(1970)年?月?日発行


第1巻第1号

画像をクリックすると本文PDFが開きます。Click to open contents as PDF format.

――目次――
論文
1, 智顗における禅から止観への展開の意味, 新田雅章, The Practical Meaning of Chih I’s Adoptation of the Method of Practising “Chi-kuan”, the Method of Practising śamatha vipaśyana, Masaaki NITTA, pp.1-23.
2, 存在と自由:フィヒテの『知識学叙述』(1801年)に関する一考察, 大峯顕, Sein und Freiheit: Eine Studie über Fichtes Wissenschaftslehre von 1801, Akira ŌMINE, pp.25-48.
3, R.オットーと現象学的問題, 堀越知巳, Rudolf Otto und das phänomenologische Problem, Tomomi HORIKOSHI, pp.49-69.
4, プトレマイオス派のグノーシス神話:その展開と構成, 荒井献, Entwicklung und Struktur des ptolemäischen Mythos, Sasagu ARAI, pp.71-89.

書評
5, J.M.キタガワ編(堀一郎訳)『現代の宗教学』, 小野泰博, Yasuhiro ONO, pp.90-96.