研究会「戦後のオカルト流行と『日本神学』」

2021年2月28日(日)13:00~16:00
場所:オンライン(Zoom)開催(要・事前申し込み)
※参加希望者は2月26日(金)までに下記からご登録ください。
https://forms.gle/uMN2hbxJjbVDtpSz5

趣旨説明:吉永進一(龍谷大学)

ラウンドテーブル「『近現代日本の民間精神療法』書評会:民間精神療法と戦後オカルト」コメンテーター:大道晴香(國學院大學)、リプライ:ヤニス・ガイタニディス・栗田英彦・塚田穂高・吉永進一

ヤニス・ガイタニデス(千葉大学)「藤井岐彦の神霊文化と科学」

栗田英彦(佛教大学)「日本神学連盟と関口野薔薇」

司会:塚田穂高(上越教育大学)

主催:科研「神智学運動の戦後:日本におけるオカルティズムの展開と神智学」(代表:吉永進一)、科研「近代仏教と民間精神療法:プラクティスの近代化とグローバル化」(代表:栗田英彦)、科研「日本宗教史像の再構築:アーカイブと研究者ネットワーク整備による基盤形成」(代表:菊地暁)

連絡先:bodyandpolitics(at)gmail.com(栗田英彦・佛教大学) (at)を@に変更してください。

――――――
本ページに掲載している研究会情報は、災害等の諸事情により、中止・延期となる場合があります。開催の有無の確認にあたっては、各研究会の主催者連絡先にお問い合わせいただきますよう、お願いいたします。(情報化委員会)

Post expires at 12:00am on Monday March 1st, 2021