南山宗教文化研究所・龍谷大学ジェンダーと宗教研究センター共催 宗教とジェンダーの最前線Ⅲ

2021年3月2日(火)13時~(15時30分ごろ終了予定)
場所:オンライン(Zoom会議)

第2回まで南山宗教文化研究所で開催してきた、ワークショップ「宗教とジェンダーの最前線」のシリーズを、龍谷大学ジェンダーと宗教研究センターとの共催で行います。

挨拶
南山宗教文化研究所所長 金承哲
龍谷大学ジェンダーと宗教研究センター長 岩田真美
龍谷大学ジェンダーと宗教センター・ユニット1リーダー 清水耕介

司会・趣旨説明:小林奈央子(愛知学院大学、南山宗教文化研究所)

発表1:竹下 ルッジェリ・アンナ(京都外国語大学)
「ジェンダーに対する江戸時代の臨済宗の立場をめぐって」
コメンテータ: ティム・グラフ(南山宗教文化研究所編集員、南山大学)

発表2:藤本拓也(金光教国際センター)
「金光教におけるジェンダー/セクシュアリティの諸相」
コメンテータ:小松加代子(多摩大学)

総合討議

総括:川橋範子(国際日本文化研究センター、南山宗教文化研究所)

【参加方法】
参加をご希望の方は、2021年2月28日(日)までに下記のフォームに必要事項をご入力ください。Zoom会議参加のためのURLをお知らせします。
https://forms.gle/ejnVBARsiTS53woe8

連絡先:龍谷大学世界仏教文化研究センター
grrc-toiawase(at)ad.ryukoku.ac.jp (at)を@に変更してください
情報はHPからも配信致します
https://grrc.ryukoku.ac.jp/

——————
本ページに掲載している研究会情報は、災害等の諸事情により、中止・延期となる場合があります。開催の有無の確認にあたっては、各研究会の主催者連絡先にお問い合わせいただきますよう、お願いいたします。(情報化委員会)

Post expires at 12:00am on Wednesday March 3rd, 2021