2020年度の学術大会 開催形態の変更について

緊急事態宣言は解除されましたが、新型コロナウイルス感染症の完全な終息は見通せない状況にあり、秋口からインフルを含めた第2次感染爆発の可能性が危ぶまれています。
こうした状況の中で、駒澤大学において予定通り学術大会を開催した場合には、後期授業開始時期との関係で大量の三密の発生の危惧、発表会場の十分な確保への懸念、感染防止のための安全対策への対応の難しさ等々が心配されることになりました。そこで、駒澤大学学術大会実行委員会と慎重に検討を重ねた結果、大変残念ではありますが、本年度は駒澤大学のキャンパスを会場とした学術大会の開催を断念し、オンラインを使った開催形態とすることにいたしました。
ご理解とご協力のほど、よろしくお願い申し上げます

日本宗教学会 第79回学術大会ホームページ
http://jpars.org/conference/