愛知学院大学 宗教文化学科主催 第6回大学院研修会

2020年3月3日(火)9:20~17:00
場所:愛知学院大学日進キャンパス3号館5階3526教室

演者・発表タイトル
9:20~10:00 小林奈央子「遠州の御嶽講―幸田家資料を中心に―」
10:00~10:40 石黒智教「18世紀後半の妙興寺とその末寺」
10:40~11:20 小林慈幸「墓から見る古代エジプト人の死生観」
11:20~12:00 澤田洋子「江戸時代の椿ブーム―『椿花図譜』の意味するもの―」
昼食:各自で昼食をとってください
12:50~13:30 酒井秀暢「近世における時宗の触頭」
13:30~14:10 西橋朋子「颯田家の系譜に関する新発見と徳雲寺の念仏行事」
14:10~14:50 糸川定伸「『曹洞宗宗制』にみる北米開教」
14:50~15:10 休憩
15:10~15:40 井上瞳「ウィリアム・スタージス・ビゲローの仏教理解と日本文化支援」
15:40~16:20 髙村美也子「タンザニア・ボンデイ父系社会における埋葬文化」
16:20~17:00 石田尚敬「仏教学の最前線―日墺研究協力60周年シンポジウムの報告―」

※どなたでも参加できます。

連絡先:hayashi(at)dpc.agu.ac.jp(林淳)(at)を@に変更してください。

——————
本ページに掲載している研究会情報は、災害等の諸事情により、中止・延期となる場合があります。開催の有無の確認にあたっては、各研究会の主催者連絡先にお問い合わせいただきますよう、お願いいたします。(情報化委員会)

Post expires at 12:00am on Wednesday March 4th, 2020