日本学術会議・学術フォーラム「ゲノム編集技術のヒト胚等への応用について考える」

2019年11月24日(日)13:00~17:00(12:30開場)

会場:日本学術会議講堂(東京都港区六本木7-22-34)

日本学術会議事務局 03-3403-6295

 

昨年12月に日本宗教学会・日本哲学会、日本倫理学会の3学会の合同で、「ゲノム編集による子どもの誕生についての声明」を出すことでご尽力いただきました。

http://jpars.org/archives/3775

これを受けて、日本学術会議哲学委員会の「いのちと心を考える分科会」では、ゲノム編集によるヒトの出生をめぐる倫理問題の討議を進めておりますが、11月24日にゲノム編集技術に関する分科会と共同で、日本学術会議・学術フォーラム「ゲノム編集技術のヒト胚等への応用について考える」を開催することになりました。ふるってご参加いただければ幸いです。

 

詳細は、学術会議・学術会議フォーラムのポスターをご覧ください。

http://www.scj.go.jp/ja/event/pdf2/280-s-1124.pdf

 

尚、事前申し込み制になっておりますので、よろしくお願いいたします。

事前登録用URL:https://bit.ly/32dyUdS

 

以下に、ポスターの一部を転載いたします。

 

ゲノム編集技術をヒト受精胚・生殖細胞へ応用することは、様々な問題点があることから、学術的にも、社会的にも容認されていない。一方、2018年11月に中国で、ゲノム編集を施された双子が誕生したというニュースが世界を駆け巡り、その実施が後日確認されている。このような状況の下で、ゲノム編集技術の利用、その規制の在り方、そして倫理的問題に関する議論が国内外で行われている。日本学術会議は、このたび、ゲノム編集技術のヒト受精胚・生殖細胞への応用に関するフォーラムを開催し、ゲノム編集技術を取り巻く現在の情勢を共有すると共に、将来に向けて様々な立場から議論したい。

 

プログラム

13:00~13:05 開会挨拶 三成美保(日本学術会議副会長、奈良女子大学副学長・教授(研究院生活環境科学系))

司会:武田洋幸(日本学術会議第二部幹事・第二部会員、東京大学大学院理学系研究科長・教授)

13:05~13:15 趣旨説明武田洋幸(同上)

13:15~13:35 講演1 「ゲノム編集技術の現状と課題」

阿久津英憲(日本学術会議特任連携会員、国立研究開発法人国立成育医療研究センター研究所・部長)

13:35~13:55 講演2 「WHO および国内外における取組みの現状」

加藤和人(日本学術会議特任連携会員、大阪大学大学院医学系研究科・教授)

13:55~14:15 講演3 「日本の立法的対応の前提と方法論」

高山佳奈子(日本学術会議第一部会員、京都大学法学研究科・教授)

14:15~14:35 講演4 「難病研究におけるゲノム編集:医療現場からの課題と期待」

松原洋一(国立成育医療研究センター研究所長、東北大学名誉教授)

14:35~14:50 休憩15分

14:50~15:10 講演5 「科学的生命観と人間の〈いのち〉」

香川知晶(日本学術会議連携会員、山梨大学名誉教授)

15:10~15:30 講演6 「ゲノム編集された子とその親」

石井哲也(日本学術会議連携会員、北海道大学安全衛生本部・教授)

15:30~15:50 講演7 「ヒトの遺伝子改変是非論の争点」

松原洋子(日本学術会議連携会員、立命館大学副学長)

15:55~16:55 総合討論コーディネーター:石川冬木(日本学術会議第二部部長、京都大学大学院生命科学研究科・教授)他

16:55~17:00 閉会の挨拶 田坂さつき(日本学術会議連携会員、立正大学文学部哲学科・教授)

Post expires at 12:00am on Monday November 25th, 2019



日本宗教学会© 2014
All Right Reserved by Japanese Association for Religious Studies.
 

Recent Entries

  • ブログロール

  • Top