新宗教史像研究会ワークショップ「 キリスト教系「新宗教」研究の新展開」

2019年12月7日(土)13時30分~17時

場所:京都大学人文研本館1Fセミナー室2

 

発表

山口瑞穂(佛教大学)13時30分~14時10分

「明石順三と灯台社―外来のキリスト教系新宗教における文書伝道と「翻訳」―」

 

赤江達也(関西学院大学)14時20分~15時

「内村鑑三と無教会―キリスト教の「翻訳」と第二世代への展開―」

 

コメント&質疑応答 15時10分~15時40分

コメント:近藤俊太郎(本願寺資料研究所)

司会:栗田英彦(南山宗教文化研究所)

 

第3回宗教古本バトル 16時~17時

司会:岩本道人&神保町のオタ

 

※誰も知らないような宗教雑誌、あるいは宗教雑誌のようなものなど広く紹介したいと思いますので、遠慮なくご持参ください。バトル出品希望者、研究会参加希望の方は以下のアドレスまで事前にお忘れなく連絡を願いします。

Kindaikenkyu(at)gmail.com  (at)を@に変更してください。

 

主催:科研「日本新宗教史像の再構築:アーカイブと研究者ネットワーク整備による基盤形成」

 

——————

本ページに掲載している研究会情報は、災害等の諸事情により、中止・延期となる場合があります。開催の有無の確認にあたっては、各研究会の主催者連絡先にお問い合わせいただきますよう、お願いいたします。(情報化委員会)

Post expires at 12:00am on Sunday December 8th, 2019



日本宗教学会© 2014
All Right Reserved by Japanese Association for Religious Studies.
 

Recent Entries

  • ブログロール

  • Top