日仏会館主催 日仏文化講座「危機の時代のスピリチュアリティ」

2019年10月19日(土)13:30~17:30

場所:日仏会館1Fホール

 

アブデヌール・ビダール(高等研究実習院、社会・宗教・ライシテ研究グループ)

「ムハンマド・イクバール、近代におけるイスラームの危機の批判的目撃者」

 

安藤礼二(多摩美術大学)

「鈴木大拙の「霊性」――二つの時代の危機を通して」

 

若松英輔(東京工業大学)

「井筒俊彦とカトリシズム――『神秘哲学』とそれ以後」

 

渡辺 優(東京大学)

「キリスト教の破砕/燦めき-現代カトリックの危機とミシェル・ド・セルトー」

 

司会:鶴岡賀雄(東京大学名誉教授)

 

※注意事項:日仏同時通訳、事前登録制(以下のHPより)

https://www.mfjtokyo.or.jp/events/course/20191019.html

 

参加費    一般:1,000円 学生:500円 日仏会館会員:無料

 

連絡先:日仏会館 https://www.mfjtokyo.or.jp/

連絡者氏名:伊達聖伸(東京大学)

Post expires at 12:00am on Sunday October 20th, 2019



日本宗教学会© 2014
All Right Reserved by Japanese Association for Religious Studies.
 

Recent Entries

  • ブログロール

  • Top