第20回「仏教と近代」研究会:『〈僧侶らしさ〉と〈女性らしさ〉の宗教社会学』書評会&若手研究発表会

2019年7月13日(土)13:00~17:30

場所:國學院大學渋谷キャンパス1403教室(120周年記念1号館4階)

 

プログラム

【第1部】若手研究発表会(13:00~15:00)

木村悠之介(東京大学大学院)

「近代神道における革命・出版・青年―神風会から会通社へ―」

亀山光明(東北大学大学院)

「近代日本仏教における戒律研究の課題と展望」

牧野静(筑波大学大学院)

「宮沢賢治における追善」

 

【第2部】『〈僧侶らしさ〉と〈女性らしさ〉の宗教社会学』書評会(15:30-17:30)

書評①「仏教と女性の視点から」

評者:大澤絢子(大谷大学真宗総合研究所東京分室)

書評②「社会学の視点から」

評者:宮部峻(東京大学大学院)

著者リプライ

丹羽宣子(國學院大學研究開発推進機構日本文化研究所)

司会:碧海寿広(武蔵野大学)

Post expires at 12:00am on Sunday July 14th, 2019



日本宗教学会© 2014
All Right Reserved by Japanese Association for Religious Studies.
 

Recent Entries

  • ブログロール

  • Top