「現代ムスリム社会における風紀・暴力・統治に関する地域横断的研究」2019年度第1回研究会

2019年6月1日(土)14時~17時半

※開場:13時半(13時半までは非公開の打ち合わせ)

 

場所:東京大学東洋文化研究所3階 第1会議室

※アクセス・キャンパスマップ

http://www.ioc.u-tokyo.ac.jp/access/index.html

 

科研・基盤研究(B)「現代ムスリム社会における風紀・暴力・統治に関する地域横断的研究」の2019年度第1回研究会を以下の要領で行います。

 

プログラム

(1)趣旨説明等 14:00~14:15

 

(2)研究報告1 14:15~15:45

【報告題】商品化する参拝作法:信仰なき実践論からの接近(仮題)

【報告者】岡本 亮輔(北海道大学・准教授)

【コメンテーター】杉山 隆一(東京大学東洋文化研究所・特任研究員)

 

(3)研究報告2 16:00~17:30

【報告題】近代日本における墓地観の変容と墓参り

【報告者】問芝 志保(日本学術振興会・特別研究員PD)

【コメンテーター】大稔 哲也(早稲田大学・教授)

 

事前の参加申し込みを必要とします。

方法含めた詳細は以下のリンクをご確認ください。

http://www.james1985.org/modules/meetings/index.php?content_id=77#gendai0430

Post expires at 12:00am on Sunday June 2nd, 2019



日本宗教学会© 2014
All Right Reserved by Japanese Association for Religious Studies.
 

Recent Entries

  • ブログロール

  • Top