研究会「新宗教をめぐる言説の歴史的再検討」

2019年5月11日(土)14:00~17:30

場所:國學院大學渋谷キャンパスAMC棟5F会議室06

 

・発表者等

永岡崇(駒澤大学)「「民衆宗教」再考」

ジョリオン・トーマス(ペンシルベニア大学)「占領と「新宗教」」

星野靖二(国学院大学)「新仏教と新宗教――明治期における展開」

コメンテーター:栗田英彦(南山大学)

 

主催:科学研究費基盤(B)「日本新宗教史像の再構築:アーカイブと研究者ネットワーク整備による基盤形成」

 

連絡先:星野靖二

hoshino.seiji(at)kokugakuin.ac.jp

 

※参加自由ですが、資料準備の都合上、参加希望を星野に事前にお伝え頂ければ幸いです。

Post expires at 12:00am on Sunday May 12th, 2019



日本宗教学会© 2014
All Right Reserved by Japanese Association for Religious Studies.
 

Recent Entries

  • ブログロール

  • Top