鈴木大拙研究会公開ワークショップ

2019年3月7日(木)午後1時~午後5時

場所:キャンパスプラザ京都2階 第1会議室

http://www.consortium.or.jp/about-cp-kyoto/access

 

第1部 1時~3時

安藤礼二『大拙』を読む

発題:末木文美士(日文研)、飯島孝良(親鸞仏教センター)、名和達宣(真宗大谷派教学研究所)

リプライ:安藤礼二(多摩美大)

司会:井上克人(関西大)

 

第2部 3時30分~4時10分

嵩宣也(龍大・院)「英訳仏書の黎明期における「真如」の訳語とその諸相」

司会&コメント:吉永進一(舞鶴高専)

 

第3部 4時10分~5時

長尾佳代子(大阪体育大)「南イリノイ大学のオープンコート社資料について」

司会:守屋友江(阪南大)

 

※資料準備の都合上、参加希望の方は事前に下記のメールアドレスまでご連絡ください。

tmoriya[at]hannan-u.ac.jp(守屋友江)

 

共催:鈴木大拙研究会、2018年度三菱財団人文科学助成「鈴木大拙関係松ヶ岡文庫所蔵資料からみた近代禅仏教のネットワークに関する研究」、科研「日米の新資料による日本仏教グローバル化過程の研究―鈴木大拙を事例として」(課題番号17K02238)

Post expires at 12:00am on Friday March 8th, 2019



日本宗教学会© 2014
All Right Reserved by Japanese Association for Religious Studies.
 

Recent Entries

  • ブログロール

  • Top