南山大学・南山宗教文化研究所共催 第4回日本宗教研究・南山セミナー Nanzan Seminar for the Study of Religion and Culture 2 (A Nagoya University JSPS Core-to-Core Program)

2019年1月13日(日)13:00~ 14日(月・祝)9:15~16:00
場所:南山宗教文化研究所(名古屋市昭和区山里町18)

日本学術振興会拠点形成事業(A.先端拠点形成型)
「テクスト学による宗教文化遺産の普遍的価値創成学術共同体の構築」
コーディネーター:名古屋大学人文学研究科・阿部泰郎教授

【1月13日(日)】
13:00~13:10 開式・趣旨説明・事務連絡
13:10~14:10 オープニングレクチャー
セミナー(45分発表、45分ディスカッション[ともに日本語で行なわれます])
14:30~16:00
Silke R. G. Hasper (Heidelberg University)
「若者はどこ? 現代日本における社会参画仏教と仏教青年会について」
16:15~17:45
Franziska Steffen (Martin-Luther University of Halle-Wittenberg, Germany)
How to weld and wield “religion” in the Meiji period?: Contrasting criticism against the “heretical” Tenrikyō with its response as “Japan’s only true Shintō”
18:30~ ウェルカム・パーティー

【1月14日(月・祝)】
9:15~10:45
Emanuela Sala (SOAS University of London)
“A kami with any other name…” Ōmiya no onkoto, the Yōtenki, and the problem of kami identities
11:00~12:30
Jesse Drian (University of Southern California)
Local Traces and Sacred Spaces: Networks of Benzaiten Manifestations
13:30~15:00
Xingyi Wang (Harvard University)
Eison’s Two Bodies: His Final Moment and Rebirth
15:10~16:00 総合討論・閉式

Advisers
Tim Graf(宗教学)
James Heisig(宗教哲学、日本哲学)
金承哲(神学、宗教間対話)
Matthew McMullen(仏教学、日本宗教学)
奥山倫明(宗教学、宗教史学)
Paul Swanson(仏教学、宗教学)

Discussants
阿部泰郎(名古屋大学、日本中世宗教文芸・宗教テキスト学)
岩田文昭(大阪教育大学、宗教哲学)
小林奈央子(愛知学院大学、ジェンダー宗教学・民俗宗教)
近本謙介(名古屋大学、日本中世宗教文芸・宗教テキスト学)
吉田一彦(名古屋市立大学、日本宗教史)

詳細は南山宗教文化研究所ホームページをご覧ください。
https://nirc.nanzan-u.ac.jp/ja/activities/nanzan-seminars-2019/

Post expires at 12:00am on Tuesday January 15th, 2019



日本宗教学会© 2014
All Right Reserved by Japanese Association for Religious Studies.
 

Recent Entries

  • ブログロール

  • Top