同志社大学一神教学際研究センター共催、グローバル・スタディーズ研究科主催 シリーズ「グローバル・ジャスティス」第62回セミナー「ポスト中東の世界:イランは地域大国になるのか?(After the Middle East: Iran as a Regional Superpower?)」

2018年12月10日(月)18:00~20:00

場所:同志社大学 今出川キャンパス 良心館405教室

(京都市営地下鉄烏丸線「今出川駅」下車3番出口徒歩3分)

 

【講師】Professor Arshin Adib-Moghaddam

(ロンドン大学 政治・国際学部教授/ケンブリッジ大学名誉フェロー)

 

【要旨】

国際政治ではサウディアラビアの位置づけがこの数か月変化している一方、イランとアメリカの対立は基本的な変化はない。他方、中東におけるアメリカの影響力は弱まりつつあり、ロシア、トルコと協力関係を維持しているイランの動きが今後のイラク、シリアを含む中東情勢野の鍵となる。本講演は、今後の中東情勢の行方をイランを中心に、国際政治学と社会心理学の視点からお話しします。

 

【プログラム】

18:00~18:05 開会の挨拶

アダ・コーヘン(同志社大学一神教学際研究センター長)

18:05~18:10 講演の趣旨(日本語解説)

鈴木 均(ジェトロ・アジア経済研究所上席主任調査研究員)

 

18:10~19:10 講演(途中日本語の解説あり)

19:10~20:00 質疑応答

 

※事前予約不要

※参加費無料

※講義は英語(日本語解説あり)

 

詳細は同志社大学一神教学際研究センター ホームページ

http://www.cismor.jp/jp/

Post expires at 12:00am on Tuesday December 11th, 2018



日本宗教学会© 2014
All Right Reserved by Japanese Association for Religious Studies.
 

Recent Entries

  • ブログロール

  • Top