科研「日本新宗教史像の再構築」公開シンポジウム「1968年と宗教――全共闘以後の「革命」のゆくえ」

2018年12月15日(土)13:00~17:30

場所:京都大学人文科学研究所 大会議室

 

13:00~13:15 趣旨説明・登壇者紹介

 

13:15~13:45 川村邦光(民衆文化研究)

「高橋和巳と1968年前後――未成へ向かう臨死者の眼」

 

13:45~14:15 鎌倉祥太郎(思想史・日本現代史)

「1968年の身体――津村喬における気功・太極拳」

 

14:15~14:45 村山由美(宗教研究者)

「田川建三における大学闘争と宗教批判――観念と現実のはざま」

 

14:45~15:00 休憩

 

15:00~15:30 武田崇元(八幡書店店主)

「神々の爆発――1968年と<民衆宗教>観の変遷」

 

15:30~16:00 絓 秀実(文芸評論家)

「柳田国男と戦後民主主義の神学――1968年の視点からの照射」

 

16:00~16:15 コメント

「“近代主義を超えて”を超えて――宗教研究と1968年」(栗田)

 

16:15~17:30 登壇者リプライ&全体討論

 

司会:栗田英彦(宗教史・思想史)

 

※出席を希望される方は、以下のメールアドレスまで事前にご連絡ください。

bodyandpolitics(at)gmail.com

栗田 (at)を@に置き換えてください。

 

主催:科研「日本新宗教史像の再構築:アーカイブと研究者ネットワーク整備による基盤形成」(科研番号18H00614)

後援:科研「雑誌メディアによる戦後日本の秘教運動の宗教史的研究」(研究番号17K02244)

Post expires at 12:00am on Sunday December 16th, 2018



日本宗教学会© 2014
All Right Reserved by Japanese Association for Religious Studies.
 

Recent Entries

  • ブログロール

  • Top