第6回「宗教と人間」研究会 大谷大学真宗総合研究所東京分室・立教大学大学院キリスト教学研究科 共催シンポジウム「恩寵と他力―キリスト教と仏教の対話―」

2018年12月16日(日)13:00~17:00

場所:立教大学池袋キャンパス12号館B1 第1・2会議室

(東京都豊島区西池袋3-34-1)

 

Johannes Brachtendorf(テュービンゲン大学カトリック神学部教授)

「Freiheit, Gnade und das natürliche Streben zum Guten bei Augustinus」

(発表:ドイツ語 邦訳原稿配布)

 

角田 佑一(上智大学神学部専任講師・イエズス会司祭)

「マルティン・ルターと清沢満之における信仰と実践―恩寵と他力の体験―」

 

木越 康(大谷大学教授)

「『他力』という出来事―親鸞の廻向論―」

 

田島 照久(早稲田大学名誉教授)

「エックハルトにおける恩恵論―「私の花は実である」(シラ書24:23)の解釈をめぐって―」

 

詳細、お問い合わせ先は以下をご覧ください。

http://www.otani.ac.jp/news/nab3mq0000061acv.html

Post expires at 12:00am on Friday December 7th, 2018



日本宗教学会© 2014
All Right Reserved by Japanese Association for Religious Studies.
 

Recent Entries

  • ブログロール

  • Top