第109回歴博フォーラム「死者と生者の共同性-葬送墓制の再構築をめざして-」

2018年12月15日(土)13:00~17:00、12月16日(日)10:00~17:00

場所:早稲田大学 大隈記念講堂大講堂

 

12月15日(土)13:00~17:00

◆Ⅰ無縁化への道程

13:00

開会挨拶:久留島浩(国立歴史民俗博物館館長)

共催者挨拶:谷川章雄(早稲田大学教授)

13:10

趣旨説明:山田慎也(国立歴史民俗博物館准教授)

13:30

谷川章雄「位牌・墓標と葬送」

14:00

朽木 量(千葉商科大学教授)「両墓制の終焉と死生観」

14:50

土居 浩(ものつくり大学准教授)「死者との社会構想あるいは妄想」

15:20

瓜生大輔(東京大学助教)「デジタル時代の弔い方」

16:10

コメント:鈴木岩弓(東北大学総長特命教授)、問芝志保(筑波大学大学院博士課程)

16:40

質疑応答

 

12月16日(日)10:00~17:00

◆Ⅱ縁なき人々の追悼

10:00

槇村久子(関西大学客員教授)「無縁社会の3つの方向と共同性のゆくえ」

10:30

山田慎也「近親者なき人の葬送と助葬」

11:00

村上興匡(大正大学教授)「送骨と寺院」

11:30

コメント:森 謙二(茨城キリスト教大学名誉教授)、大場あや(大正大学大学院博士課程)

 

◆Ⅲ縁なき方向へすすむ墓

13:20

鈴木岩弓「〈二・五人称の死者〉の今後」

13:50

小谷みどり(第一生命経済研究所主任研究員)「新たな死の共同性」

14:20

森 謙二「無縁墳墓改葬制度と墓地埋葬秩序の新構築」

14:50

コメント:村上興匡、金セッピョル(総合地球環境学研究所特任助教)

15:40

質疑応答・総合討論

16:50

閉会挨拶:山田慎也

 

詳細は下記のサイトをご覧ください。

https://www.rekihaku.ac.jp/events/forum/index.html#109

 

参加希望の方は、下記フォームからお申し込みください。※定員600名

https://www.rekihaku.ac.jp/others/form_02/index.html

 

主催:国立歴史民俗博物館

共催:早稲田大学人間科学学術院

 

連絡先:国立歴史民俗博物館 広報サービス室 広報・普及係

Post expires at 12:00am on Monday December 17th, 2018



日本宗教学会© 2014
All Right Reserved by Japanese Association for Religious Studies.
 

Recent Entries

  • ブログロール

  • Top