佛教文化学会第28回学術大会シンポジウム「僧侶養成の歴史と展望-大学教育の現場から-」

2018年11月24日(土)13:00~17:30

場所:大正大学巣鴨キャンパス 1号2階大会議室

 

開会の挨拶 塩入法道(大正大学教授・佛教文化学会理事長)

趣旨説明  三浦周(コーディネーター・大正大学講師)

 

【基調講演】

13:15~13:55

「海外から見た日本の大学の宗教教育について-仏教の子弟養成教育を中心に-」

ウエスタンミシガン大学教授 Steve Covell

 

【事例報告】

14:10~14:35

「現在日本における宗教系大学の動向」

江島尚俊(田園調布学園大学講師)

 

14:35~15:00

「真言宗智山派における僧侶養成について」

元山公寿(大正大学元教授・智山勧学会理事長)

 

15:00~15:25

「浄土宗における大学内僧侶養成について-宗学者の視点から-」

柴田泰山(大正大学講師)

 

15:25~15:50

「日蓮宗の僧侶養成と立正大学」

安中尚史(立正大学教授)

 

15:50~16:15

「カトリック司祭の養成機関としての上智大学神学部の使命と課題」

山岡三治(上智大学名誉教授・イエズス会日本管区長補佐(副管区長))

 

16:30~17:30

ディスカッション

Post expires at 12:00am on Sunday November 25th, 2018



日本宗教学会© 2014
All Right Reserved by Japanese Association for Religious Studies.
 

Recent Entries

  • ブログロール

  • Top