明治神宮国際神道文化研究所 公開学術シンポジウム「近代日本における神社の造形と《固有性》の問題」

2018年10月27日(土)13:30~17:00

場所:明治神宮社務所講堂

渋谷区代々木神園町1-1

 

青井哲人(明治大学理工学部教授)

「建築の固有性をめぐるいくつかの問題と事例」

 

清水重敦(京都工芸繊維大学教授)

「京都の創建神社と明治のモニュメント概念」

 

富山大樹(株式会社平成建設 首都圏工務部)

「多賀神社境内の近世・近代――標準性と固有性」

 

連絡先:明治神宮国際神道文化研究所

http://www.meijijingu.or.jp/miri/about/index.html

Post expires at 12:00am on Sunday October 28th, 2018



日本宗教学会© 2014
All Right Reserved by Japanese Association for Religious Studies.
 

Recent Entries

  • ブログロール

  • Top