第17回「仏教と近代」研究会(若手研究発表会)

2018年8月25日(土)13:00~

場所:龍谷大学大宮学舎西黌2階大会議室

 

【プログラム】

13:00~13:05 趣旨説明(碧海寿広)

 

13:05~13:55

東野隆弘(慶應義塾大学大学院)

「近現代における阿字観に関する一考察」(仮)

 

13:55~14:45

東島宗孝(慶應義塾大学大学院)

「現代における坐禅会の多様な解釈とその実践――臨済宗円覚寺を事例として」(仮)

 

14:45~15:00 休憩

 

15:00~15:50

内手弘太(龍谷大学世界仏教文化研究所リサーチ・アシスタント)

「本願寺派における教学近代化の系譜――前田慧雲から梅原真隆へ」

 

15:50~16:40

宮部 峻(東京大学大学院)

「総力戦における宗教と社会の相互作用――真宗大谷派の事例に即して」

 

16:40~16:55 休憩

 

16:55~17:45

川口 淳(大谷大学任期制助教)

「『欧米之仏教』と大谷派改革運動」

 

18:30~ 懇親会

 

※発表30分、質疑応答20分

 

共催:共同研究「戦後日本の宗教者平和運動のトランスナショナル・ヒストリー研究」、共同研究「日本新宗教史像の再構築」

 

詳細は、以下のURLをご覧ください。

http://blog.livedoor.jp/kindaibukkyo/

Post expires at 12:00am on Sunday August 26th, 2018



日本宗教学会© 2014
All Right Reserved by Japanese Association for Religious Studies.
 

Recent Entries

  • ブログロール

  • Top