名古屋大学大学院人文学研究科附属人類文化遺産テクスト学研究センター主催 公開シンポジウム 中世禅への新視角―『中世禅籍叢刊』が開く世界

2018年7月7日(土)10:00~17:50

場所:名古屋大学東山キャンパス 文系総合館7階カンファレンスルーム

 

プログラム

趣旨説明(10:00~10:10) 末木文美士

 

パネル1:能忍・栄西とその周辺(10:10~11:25)

古瀬珠水、和田有希子、米田真理子

 

パネル2:聖一派の展開と癡兀大慧(11:35~12:50)

加藤みち子、亀山隆彦、菊地大樹

 

パネル3:中国仏教の受容と日本禅(13:30~15:10)

高柳さつき、柳幹康、高橋秀栄、石井修道

 

パネル4:中世仏教の広がり(15:20~17:00)

常磐井慈裕、原田正俊、三好俊徳、伊藤聡

 

総括コメント(17:00~17:15) 阿部泰郎

総合討論(17:15~17:50)

 

※入場無料 申込不要

 

詳細は以下をご覧ください

https://www.lit.nagoya-u.ac.jp/cht/activity-schedule/lecture-forum/

Post expires at 12:00am on Sunday July 8th, 2018



日本宗教学会© 2014
All Right Reserved by Japanese Association for Religious Studies.
 

Recent Entries

  • ブログロール

  • Top