「釈宗演と近代日本―若き禅僧、世界を駆ける」釈宗演遠諱100年記念特別展

2018年6月4日(月)~8月6日(月)

場所:第一会場:慶應義塾図書館展示室(三田)、第二会場:慶應義塾大学アート・スペース

 

夏目漱石が参禅したことでも知られる釈宗演(1858-1919)は、明治26年(1893)にシカゴで開催された第1回万国宗教会議に福沢諭吉の援助を得て参加し、初めて世界に「ZEN」を紹介した禅僧です。鈴木大拙の翻訳による英語での発信をはじめとして、晩年まで欧米や東アジア諸国を精力的に巡るなど、常にグローバルに活躍しました。

26歳という異例の若さで修行を終え、すでに僧としての地位を築いていた釈宗演は、師の反対を押し切り慶應義塾に入学。英学を学び、ついでセイロンに留学。アジアの実情を目の当たりにするとともに、日本仏教や仏教そのものを世界の宗教地図の中で相対化する視座を獲得し、生涯にわたって「近代」という問題と格闘しました。本展では、初公開を含む約100点の資料から破天荒な国際人としての萌芽を若き日に探ります。

 

※入場無料

 

お問い合わせ:慶應義塾福沢研究センター

東京都港区三田2-15-45

kuac-fmc-exhibit(at)art-c.keio.ac.jp

 

【関連イベント】

◎特別対談「釈宗演とグローバリゼーション」

横田南嶺(臨済宗大本山円覚寺派管長)+馬場紀寿(東京大学東洋文化研究所准教授)

日時:6月11日(月)16:30~18:00

場所:北館ホール

※定員先着200名

 

◎旧ノグチ・ルーム特別公開

開催日:①6月11日(月)、②6月23日(月)、③7月12日(木)、④7月21日(土)、⑤8月6日(月)

内容

◆座禅ワークショップ(各回先着20名)

第1回 10:45~12:15

第2回 13:00~14:30

◆ミニレクチャー

12:20~12:50

梅沢恵(神奈川県立金沢文庫主任学芸員)「鎌倉・円覚寺の五百羅漢図」(①・⑤)

都倉武之(慶應義塾福沢研究センター准教授)「福沢諭吉と仏像」(②・③・④)

※事前申込不要・南館3階ルーフ・テラス集合

 

◎ギャラリー・トーク

開催日:6月19日(火)、6月27日(水)、7月21日(土)

時間:各自14:45~(1時間程度)

※図書館展示室集合

 

◎展覧会限定御朱印「円覚寺文殊菩薩」

※図録購入の方のみ

特別対談時と旧ノグチ・ルームでのイベント時にはその場で墨書します

Post expires at 9:34pm on Tuesday August 7th, 2018



日本宗教学会© 2014
All Right Reserved by Japanese Association for Religious Studies.
 

Recent Entries

  • ブログロール

  • Top