第10回ヴェーバー研究会21 テーマ:『宗教社会学』を〈読む〉――『経済と社会』テキスト研究の新展開

2018年3月17日(土)午後1時~6時

場所:東洋大学白山キャンパス6号館2階(6208教室)

http://www.toyo.ac.jp/site/access/access-hakusan.html

 

報告(1)橋本直人(神戸大学)

『宗教社会学』のテキストマイニング

――意味解釈と計量分析の接合の試み

 

報告(2)荒川敏彦(千葉商科大学)

『宗教社会学』における二重のテキスト問題と二重のコンテキスト

――理解社会学的方法による再解釈に向けて

 

コメント 中野敏男(東京外国語大学名誉教授)

 

午後6時30分~ 懇親会(実費)

 

【ヴェーバー研究会21】

マックス・ヴェーバーを主な関心の軸に据えながら、世代と専門を越えて、広い視野に立つ歴史・社会論の新たな議論と交流の場を作ろうと始められた研究会です。毎年1回、3月に研究会を開催しています。

ヴェーバーの『宗教社会学』(邦訳・創文社)は、第一次世界大戦前の1913年頃に執筆されていたとされる未完の「草稿」ですが、とても充実した内容をもっています。今回の研究会では、近年のテキスト研究の成果を踏まえながら、このテキストの内容に踏みこんだ新たな視点からの解釈可能性を探ってみたいと思います。

 

※研究会への参加費は無料。参加は自由です。皆さまのご参加をお待ちしております。

 

連絡先:cqd00340[at]nifty.com(荒川)

Post expires at 12:00am on Sunday March 18th, 2018



日本宗教学会© 2014
All Right Reserved by Japanese Association for Religious Studies.
 

Recent Entries

  • ブログロール

  • Top