中野毅先生ご退職記念シンポジウム「中野宗教社会学の世界―政治と宗教をめぐって―」

2018年3月3日(土)14:00~16:00

場所:創価大学中央教育棟3階AW303教室

(八王子市丹木町1-236)https://www.soka.ac.jp/access/

シンポジウム・プログラム

・司会・趣旨説明:井上大介(創価大学教授)

・講演:中野 毅(創価大学教授)(45分)

・コメント1:島薗 進(上智大学グリーフケア研究所所長)(15分)

・コメント2:平良 直(東洋哲学研究所研究員)(15分)

・質疑応答

 

趣旨

このたび創価大学文学部を退職される中野毅先生は、長年、日本の宗教学、宗教社会学の世界で研究を続けてこられました。本シンポジウムでは、東京大学入学以来、半世紀に渡る研究生活における経験や思索、蓄積されてきた研究成果についてご報告いただき、今後の研究に資する展望について共に考えてまいりたいと思います。

 

テーマ

中野先生の主要な研究テーマは、1.国家・政治・ナショナリズムと宗教、2.連合国による占領と日本宗教制度および日本宗教の変容、3.創価学会・公明党など宗教の政治参加の諸問題、4.進化生物学・認知科学からの宗教起源論再考など多岐に及びます。本シンポジウムでは、それらの相互連関を問うと共に、中野先生の主たる研究テーマであった、「国家・政治と宗教をめぐる諸問題」を柱として、欧米の宗教思想や歴史との比較、グローバル化が進む現代社会におけるナショナリズムとの関係、現代日本において宗教が果たすべき役割等について議論し、中野宗教社会学の全体像へ迫りたいと考えます。

 

【記念パーティー】

シンポジウム終了後、下記のように懇親会を行います。是非、ご参加ください。

2018年3月3日(土)18:00~20:00

場所:立川グランドホテル3階サンマルコ・グランデ

(東京都立川市曙町2-14-16)

http://tachikawa.khgrp.co.jp/info/access.html

会費(お食事代):お一人様8,000円

 

※シンポジウムとパーティーに参加を希望される先生方は、文学部・井上大介(dinoue(at)soka.ac.jp)までご連絡ください。

Post expires at 12:00am on Sunday March 4th, 2018



日本宗教学会© 2014
All Right Reserved by Japanese Association for Religious Studies.
 

Recent Entries

  • ブログロール

  • Top