同志社大学一神教学際研究センター主催 第13回セミナー「「現代の過激派グループと世界分割:イスラームからの視点」

2017年11月16日(木)15:00~16:30

場所:同志社大学 今出川キャンパス 至誠館3階 S33教室

(京都市営地下鉄烏丸線「今出川駅」下車3番出口徒歩3分)

 

【講師】永田 正樹(法学博士)

【講師紹介】

ロンドン大学東洋アフリカ研究学院法学修士課程修了、ブルネル大学法学博士課程修了。研究分野は、イスラーム法、国際人権法。

【講義概容】

現代の過激派グループはイスラーム教のドグマを再び使用し、自分たちの目的達成のためにそれらを故意に誤解釈している。Dae’sh(いわゆるイスラーム国)がもっとも象徴的な例である。彼らは7世紀のKhawaji(ハワーリジュ派)のように彼らが支配する領域のみが”イスラームの家”であると主張し、それ以外の領域はすべて“イスラームを拒否する人々の家”または“戦争の家”と主張、さらにイスラーム教徒の支配者に対して”異端”の宣言を行った。また、hijra(ヒジュラ)の概念を自衛上の目的ではなく、彼らの勢力拡大のために世界中からmilitary jihad(軍事的聖戦)の参加者を募り、イスラーム国を設立するために利用した。この講義はイスラームの歴史上これらのドグマがどのように発展し、過激派グループにより現代において誤解釈されているかを考察する。

 

※研究者・学生対象

※申込不要

※参加費無料

※講義は英語で行いますが、日本語による解説もあります。

 

詳細は本学ホームページをご覧ください。

http://www.doshisha.ac.jp/event/2017/1011/event-detail-2589.html

 

連絡先:同志社大学一神教学際研究センター(CISMOR)

Post expires at 12:00am on Friday November 17th, 2017



日本宗教学会© 2014
All Right Reserved by Japanese Association for Religious Studies.
 

Recent Entries

  • ブログロール

  • Top