神智学研究会、鈴木大拙研究会主催ワークショップ「アジア・仏教・神智学」 Workshop “Asia, Buddhism and Theosophy”

2017年12月9日(土)・12月10日(日)

 

【初日】(使用言語:日本語)

2017年12月9日(土)午前10時~午後5時30分

場所:龍谷大学大宮学舎西黌2階大会議室

Day 1(Language:Japanese)

Date:Dec. 9 (Sat), 2017

Time:10:00 am-5:30 pm

Venue:Main Meeting Room, Seiko (West Hall) 2F, Ryukoku University (Omiya Campus), Kyoto

 

10:00 am-1:30 pm

セッション1「禅のグローバル化と、その文脈」

Session 1 “Globalization of Zen and its Contexts”

10:00 am日沖直子(南山宗教文化研究所)「雑誌『イースタン・ブディスト』と神智学―松ヶ岡文庫英文雑誌コレクションとの関連から―」

HIOKI, Naoko (Nanzan Institute for Religion and Culture) “Journal The Eastern Buddhist and Theosophy, considered in light of Matsugaoka-Bunko’s English journal collection”

10:30 am 荘千慧(大阪大学)「上海神智学支部と初代会長H·Pシャストリー」

CHUANG, Chienhui (Osaka University) “Shanghai Theosophical Branch and its First President, H. P. Shastri”

11:00 am 末村正代(関西大学)「北米における禅布教:千崎如幻の場合」

SUEMURA, Masayo (Kansai University) “Zen Propagation in North America: The Case of Senzaki Nyogen”

1:00 pm コメント、討議

コメント:守屋友江(阪南大)

Discussant:MORIYA, Tomoe (Hannan University)

司会:堀まどか(大阪市大)

Chair:HORI, Madoka (Osaka City University)

 

1:30 pm-3:50pm

セッション2「神智学の遺産」

Session 2 “Theosophical Legacy in Japan”

1:30 pm 橋本順光(大阪大学)「在日インド人をめぐる諜報活動と神智学 アタル・シャストリ・サバルワル」

HASHIMOTO, Yorimitsu (Osaka University) “Political Informer or Theosophical Informant?: Atal, Shastri and Sabharwal in the context of Indian Expatriate Network across Japan”

2:00 pm 栗田英彦(学術振興会特別研究員)「キリスト教・社会主義・オカルト――関口野薔薇の「神道神学」の背景」

KURITA, Hidehiko (Research Fellow of the Japan Society for the Promotion of Science), “Christianity, Socialism, and the Occult: Backgrounds of Sekiguchi Nobara’s Shintō Theology”

2:30 pm 岡本佳子(国際基督教大学)「明治日本の欧米人仏教徒と神智学」

OKAMOTO, Yoshiko(I.C.U.) “Western Buddhists in Meiji Japan and Theosophy”

3:00 pm-3:20 pm tea break

3:20 pm-3:50 pm コメント・討論

コメント:杉本良男(国立民族学博物館)

Discussant:SUGIMOTO, Yoshio(National Museum of Ethnology)

司会:岩田真美(龍大)

Chair:IWATA, Mami (Ryukoku University)

 

4:00 pm-5:30 pm

セッション3「鈴木大拙と南方熊楠―シカゴ万博・神智学・大乗仏教」

Session 3 “Suzuki Daisetsu and Minakata Kumagusu: World’s Columbian Expo, Theosophy and Mahayana Buddhism”

対論:安藤礼二(多摩美大)+稲賀繁美(日文研)

ANDO, Reiji (Tama Art University)

INAGA, Shigemi (International Research Center for Japanese Studies)

 

 

【2日目】(使用言語:英語、通訳はつきません)

2017年12月10日(日)11時~5時

場所:京都大学 人文研 第1セミナー室

Day 2(Language:English )

Date:Dec. 10 (Sun), 2017

Time:11:00 am-5:00 pm

Venue:First Seminar Room, Jinbunken (Institute for Research in Humanities), Kyoto University, Kyoto

 

Session 4 “Theosophy and Japan, Past and Present”

11:00 am Helena Capkova (Waseda University), “History of the Theosophical Society in Interwar Japan – Reading the documents from the Adyar HQ”

ヘレナ・チャプコヴァー(早稲田大学)「大戦間日本における神智学協会の歴史:アディヤール本部資料解読」

11:30 am Ioannis Gaitanidis (Chiba University), “Western Esotericism in Contemporary Japan: The Case of a Greek Theosophical Study Group”

ヤニス・ガイタニデス(千葉大学)「現代日本における西洋エソテリシズム―ギリシャの神智学勉強会の事例」

12:00 am-1:00 pm lunch

1:00 pm Comments and discussion

Discussant:Justin B. Stein (Bukkyo University)

コメント:ジャスティン・B・スタイン(佛教大学)

Chair:AKAI, Toshio (Kobe Gakuin University)

司会:赤井敏夫(神戸学院大学)

Lecture “Practical Esotericism” (tentative title)

2:00 pm-3:00 pm

John Patrick Deveney: forthcoming

ジョン・パトリック・デヴニー「未定」

3:00 pm-4:00 pm Discussion

 

※出席者希望者は以下のアドレスまで事前にメールで申し込んでください。

神智学研究会運営委員会 theosophy.conference.2017@gmail.com

 

後援:科研「神智学運動とその汎アジア的文化接触の比較文学的研究」基盤(B)26284054、科研「日米の新資料による日本仏教グローバル化過程の研究―鈴木大拙を事例として」基盤(C)17K02238、JNASE

Post expires at 12:00am on Monday December 11th, 2017



日本宗教学会© 2014
All Right Reserved by Japanese Association for Religious Studies.
 

Recent Entries

  • ブログロール

  • Top