同志社大学一神教学際研究センター主催 第12回セミナー「教義の壁を超える:仏教徒とムスリムの相互理解における「並列主義」」

2017年10月27日(金)15:00~16:30

場所:同志社大学 今出川キャンパス 至誠館3階 S34教室

(京都市営地下鉄烏丸線「今出川駅」下車3番出口徒歩3分)

 

【講師】小布施 祈恵子(神戸市外国語大学 客員研究員)

【講師紹介】

京都大文学部卒、英国オックスフォード大学神学部博士課程修了。専門は宗教学。

【講義概容】

仏教とイスラームとの間には、至高神の存在を巡る議論など、しばしば教義的に隔たりがあるものとされている。しかし近年両教徒の間で、主要な概念や教義の類似性を指摘する新しいアプローチ(「並列主義」)が出現している。これは多宗教の神学における排他主義、包含主義、多元主義への追加的なカテゴリーとして提唱されうるが、用いられ方が異なっている。本講義では、代表的な学者達の見解を検討し、並列主義が用いられる要因とその意味について議論し、世界の宗教的多様性に関する教義的/神学的な論議においてそれがどのように位置付けられるかを探る。

 

※研究者・学生対象

※申込不要

※参加費無料

※講義は英語で行いますが、日本語による解説もあります。

 

詳細は本学ホームページをご覧ください。

http://www.doshisha.ac.jp/event/2017/0920/event-detail-2534.html

 

連絡先:同志社大学一神教学際研究センター(CISMOR)

Post expires at 12:00am on Saturday October 28th, 2017



日本宗教学会© 2014
All Right Reserved by Japanese Association for Religious Studies.
 

Recent Entries

  • ブログロール

  • Top