大正大学宗教学会2017年度春期大会

2017年6月17日(土)14:00~17:30
場所:大正大学7号館 754教室(東京都豊島区西巣鴨3-20-1)

第一報告 14:05~14:55
高田 彩(大正大学大学院博士後期課程)
「交通網の発達にみる聖地の変化-武州御岳山を中心に-」

第二報告 14:55~15:45
福井 敬(大正大学大学院博士後期課程)
「「大逆事件」連座者の僧籍復権の過程-内山愚童と髙木顕明の比較検討-」

第三報告 16:00~17:30
高瀬 顕功(大正大学地域構想研究所 助教)
小川 有閑(大正大学地域構想研究所 主幹研究員)
「宗教学の社会的責任-研究と実践をつなぐ2つの事例-」

詳細は以下のURLをご覧ください。
http://www.tais.ac.jp/faculty/graduate_school/major_in_religious_studies/blog/20170426/49330/

連絡先:大正大学宗教学会
info(at)taisho-shukyogakkai.net

Post expires at 12:00am on Sunday June 18th, 2017



日本宗教学会© 2014
All Right Reserved by Japanese Association for Religious Studies.
 

Recent Entries

  • ブログロール

  • Top