同志社大学一神教学際研究センター主催セミナー「トランプ大統領のアメリカと保守的キリスト教」

2017年5月25日(木)17:00~18:30
場所:同志社大学 今出川キャンパス 良心館 RY410教室
(京都市営地下鉄烏丸線「今出川駅」下車3番出口徒歩3分)

【講師】
ギャビン・ジェームス・キャンベル(同志社大学グローバルスタディーズ研究科教授)
【講師紹介】
コーネル大学にて学士号を所得、ノースキャロライナ大学チャペルヒル校にて修士号と博士号を取得した。研究分野は、アメリカ史、アメリカ宗教研究。
【講義概容】
ドナルド・トランプは現代アメリカにおける最も反宗教的な大統領である。カジノ運営、セクハラ、3度の結婚―しかし、福音派の81%は彼に投票しました。本講義ではトランプに対する福音派(エヴァンジェリカル)について、そしてトランプの選挙がどのように福音派の政治運動をゆがめたかを検証します。

※申込不要
※講義は主に英語で行いますが、日本語による解説もあります。
※参加費無料

連絡先:同志社大学一神教学際研究センター(CISMOR)
詳細は本学ホームページ
http://www.doshisha.ac.jp/event/2017/0419/event-detail-2276.html

Post expires at 12:00am on Friday May 26th, 2017



日本宗教学会© 2014
All Right Reserved by Japanese Association for Religious Studies.
 

Recent Entries

  • ブログロール

  • Top