同志社大学一神教学際研究センター主催セミナー「賀川豊彦の宗教概念-宗教と科学の双方関係を中心に-」

2017年4月25日(火)15:00~16:30
場所:同志社大学 今出川キャンパス クラーク記念館 CL25教室
(京都市営地下鉄烏丸線「今出川駅」下車3番出口徒歩3分)

【講師】
スティグ・リンドバーグ(京都大学大学院文学研究科 応用哲学・倫理学教育研究センター 助教)
【講師紹介】
1966年生まれ。米国ハワイ州出身。専門は宗教学、倫理学。
賀川豊彦の宗教哲学はまさに価値論、特に倫理学がその中核にあります。これから先、二次論的な問題の他にも、「無」や「京都学派」の認識論、「非意志的人生観」から「非伝統的認識論」などという分野に視座を広めていきます。
・Major
Toyohiko Kagawa’s Philosophical Theology and Cosmology(賀川豊彦の哲学的神学および宇宙論)
・Main Articles
2011, “Kagawa Toyohiko and Salvation The Japan Mission Journal” (English)
(2011)「賀川豊彦の思想における「芸術としての悪」」京都大学キリスト教学刊行:『キリスト教学研究室紀要』(日本語)
(2011)「賀川豊彦の思想における「悪概念」」現代キリスト教思想研究会(日本語)
Subject of teaching: Critical Thinking, Science of Religion, Christian Studies (Seminars)

※申込不要
※講義は主に英語で行いますが、日本語による解説もあります。
※参加費無料

連絡先:同志社大学一神教学際研究センター(CISMOR)
詳細は本学ホームページ
http://www.doshisha.ac.jp/event/2017/0411/event-detail-2248.html



日本宗教学会© 2014
All Right Reserved by Japanese Association for Religious Studies.
 

Recent Entries

  • ブログロール

  • Top