日本宗教学会メールマガジン[第15号](2014年1月21日)

━─━・▼・━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─
日本宗教学会メールマガジン[第15号]
─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━2014年1月21日(火)・△・─━

寒さ厳しき折、皆様いかがお過ごしでしょうか。

この度、日本宗教学会メールマガジンの第15号をお届けできる運びとなりました。
本号では2014年度学術大会についてのお知らせおよびReligious Studies in Japan,
vol.2発刊のお知らせなどを掲載しております。

新たな年を迎え、本年が皆様にとって幸多き年でありますようお祈り申し上げます。

—–●○ INDEX ○●———————-

【1】2014年度学術大会について

【2】Religious Studies in Japan, vol.2発刊のお知らせ

【3】国際委員会からのお知らせ

【4】著作紹介

【5】研究会情報

【6】メールマガジン掲載案内

————————————-

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◇◆◇━━
【1】20┃14┃年┃度┃学┃術┃大┃会┃に┃つ┃い┃て┃
━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

2014年度の日本宗教学会第73回学術大会は、9月12日(金)~14日(日)に同志社大
学今出川キャンパス(京都市)において開催されます。
本大会では大会テーマを特に設定いたしませんが、「宗教と対話──多文化共生社会
の中で」をテーマに、大会初日に講演会を行う予定です。多文化共生や宗教の共生を目
指しつつも、それが必ずしもうまくいっていない世界の現実に対し、宗教研究はどのよ
うな貢献をすることができるのでしょうか。今、宗教をめぐって様々な対話が求められ
ています。宗教(研究)間の対話、宗教と世俗社会との対話は、細分化が進み、時とし
て専門領域間の交流が不足しがちな宗教研究への新鮮な問いかけを含んでいます。また、
宗教研究が社会の状況から孤立しないためには、隣接する諸学問との学際的な対話も不
可欠です。こうした課題をふまえつつ、本大会では、宗教研究の内的および外的な対話
をテーマとして講演会を企画する予定です。
2014年度の学術大会においては、多様かつ細分化した宗教研究同士を連携させるよう
な発表、また、宗教をめぐる様々な対話や学際的な研究を促す発表を期待しています。

本大会における発表形式は、「個人発表」「パネル発表」の二種類です。
申込締切は5月20日、申込先は大会実行委員会です。

本年度からパネルの発表に関して、若干の変更の可能性があります。すでに日本語以
外での発表者を1名加えられることが決定されております。
これに加え、「個人発表」と「パネル発表」の関係、パネルの持ち時間に関して、変
更の可能性があります。4月下旬のファーストサーキュラーの内容には十分留意を願いま
す。

大会案内は4月下旬に発送し、第73回学術大会のホームページにアップしますので、
ご利用ください。

大会期間中の宿泊場所は、大会本部では斡旋いたしませんので、参加者個人でお願い
いたします。

【発表申込者の資格】
以下の本学会員に限ります。
・名誉会員
・2014年4月末日時点で、2013年度の会費を納入済みの維持会員、普通会員
・2014年4月12日の理事会で入会を承認された普通会員

会費未納の方は、早急にお納めください。

【大会参加費】
昨年より学生・シニアの参加費が別区分となりました。
・一般 4,000円
・学生(学部・大学院在籍)、シニア(1944年3月31日以前にお生まれの方)3,000円

2014年度学術大会プログラム委員会

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◇◆◇━━
【2】Religious┃ Studies┃in┃Japan,┃ vol.2┃発┃刊┃の┃お┃知┃ら┃せ┃
━━━━━┛━━━━┛━┛━━━┛━━━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

このたび、日本宗教学会の英文オンラインジャーナル、Religious Studies in Japan,
vol. 2 (2014) が発刊されました。

>> http://jpars.org/online/view-issue/vol-2-2014 <<

ご参照の上、コメント等ございましたら、Contact Form を通じて編集委員会までお
知らせいただけますとありがたく存じます。

Religious Studies in Japan編集委員会委員長 奥山倫明

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◇◆◇━━
【3】国┃際┃委┃員┃会┃か┃ら┃の┃お┃知┃ら┃せ┃
━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

IAHR E-Bulletinが発行されましたので お知らせいたします。

>> http://www.iahr.dk/bulletins/2013/november/index.html <<

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◇◆◇━━
【4】著┃作┃・┃報┃告┃書┃紹┃介┃
━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

編者名 :山中弘・藤原聖子
書名  :世界は宗教とこうしてつきあっている――社会人の宗教リテラシー入門
出版社 :弘文堂
出版年 :2013年12月
内容  :先進国から途上国まで、さまざまなシーンに対応した宗教リテラシーの運
用を例示し、実際に身につくように実践的な解説をした一冊。
>> http://www.koubundou.co.jp/books/pages/16073.html <<

著者名 :辻口雄一郎
書名  :正法眼蔵の思想的研究
出版社 :北樹出版
出版年 :2012年4月
内容  :「正法眼蔵抄」への批判的考察、道元禅に継承された如浄の禅と慧忠の思
想、75巻本と12巻本との間に見られる思想的不整合の問題、哲学的な問題
領域からの掘り下げなど、正法眼蔵についての論稿をまとめる。

——————————
*詳しくは学会ホームページ「著作・報告書紹介」をご覧ください(随時更新)。
>> http://jpars.org/member/publication <<

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◇◆◇━━
【5】研┃究┃会┃情┃報┃
━┛━┛━┛━┛━┛
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■国際シンポジウム「近代ユダヤ社会のなかのユダヤ学」
2014年1月25日(土)14:00~17:30
京都大学 本部キャンパス 国際交流セミナーハウス

■同志社大学一神教学際研究センター公開講演会
「昭和戦時下における新聞の親ナチ・反ユダヤへの傾斜―それに同調できなかった人々」
2014年1月26日(日)13:00~14:15
同志社大学今出川キャンパス 神学館3階礼拝堂

■第2回神智学研究会・第8回
「仏教と近代」研究会「求道と収奪のトランス・ナショナルな回路」
2014年2月1日(土)10:00~18:00
龍谷大学 大宮学舎西黌2階 大会議室

■東京大学中東地域研究センター(UTCMES)中東イスラーム世界セミナー
中東の思想と社会を読み解く(第11回)
2014年2月1日(土)15:30~17:00
東京大学 駒場キャンパス18号館1階 メディアラボ2

■国際宗教研究所・宗教者災害支援連絡会共同主催 公開シンポジウム
「現代宗教とつながりの力」
2014年2月22日(土)13:00~17:30
大正大学1号館2階 大会議室
>> http://iisr.jp/news.htm#sympo <<

——————————
*詳しくは学会ホームページ「研究会情報」をご覧ください(随時更新)。
>> http://jpars.org/domestic4 <<

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◇◆◇━━
【6】メ┃ー┃ル┃マ┃ガ┃ジ┃ン┃掲┃載┃案┃内┃
━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

メールマガジンの発行は理事会・各種委員会が開催される4月・7月・9月の月末と1月
末を予定しています。

掲載内容は(a)理事会・各種委員会の速報(詳細は『宗教研究』の会報欄を参照)と(
b)発行時に案内できる研究会、著作・報告書紹介、教員募集、賞・助成公募などで、
(b)については、学会公式ホームページへのリンクとともに必要に応じて関連リンク
を示します。

従ってメルマガへの情報掲載を希望される会員はホームページで告知している掲載案

>> http://jpars.org/announcements/notice <<
をご確認のうえ、それをホームページ掲載情報として学会事務局へ電子メールでお送
りください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
本メールマガジンは送信専用でお送りしております。

メールマガジンの配信先の変更・配信停止は学会ホームページからお願い致します。
>> http://jpars.org/member/it/subscribe <<

また、メールマガジンに関するご質問は次のEmailへお願い致します
>> jarsmagazine@gmail.com <<
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【編集・発行】日本宗教学会・情報化委員会
粟津賢太、ANDREWS,Dale K.、石井研士、
猪瀬優理、岩井洋、中野毅、弓山達也(委員長)

【メールマガジン・ワーキンググループ】
岡本亮輔、小野隆一、山田庄太郎

住所:〒113-0033 東京都文京区本郷1-29-7 ルマン本郷205
電話:03-5684-5473、FAX :03-5684-5474
学会HP: http://jpars.org/
学会Email: ja-religion@mub.biglobe.ne.jp

※メールマガジンについてのお問い合わせはメールマガジン・ワーキンググループE-mail
>> jarsmagazine@gmail.com <<
にお願いいたします。



日本宗教学会© 2014
All Right Reserved by Japanese Association for Religious Studies.
 

Recent Entries

  • ブログロール

  • Top