パネル発表の募集要項

申込締切:5月20日(土) 申込先:第76回学術大会実行委員会 jars76th@gmail.com

諸注意
・同一人物が複数のパネルに名を連ねることはできません。
・パネル構成員は、パネルの採用/不採用に関係なく、個人発表はできません。
・パネルの持ち時間内に、フロアとの質疑応答の時間として「発表者数×5分」を必ずお取り下さい。
パネル発表の申込とは別に、パネル参加者は必ず各自で大会参加等の申込をして下さい
・採択されたパネルについては、『宗教研究』(別冊)に掲載する「パネルの主旨とまとめ」(代表者)、「発表要旨」(発表者)、「コメント」(コメンテータ)のすべてを提出することを原則とします。

1.申込資格 下記のとおりです。発表日時の希望は認められません

【代表者】
a 名誉会員
b 2017年4月末日時点で、2016年度の会費を納入済みの維持会員、普通会員
c 2017年4月8日の理事会で入会を承認された普通会員で、5月20日までに会費を納入された方
【代表者以外】
上記a~c の会員の他、以下のd 及びeの方を含めて申し込むことが可能です。
d 非会員(1名に限る)
「非会員をパネルに加える理由書」を、パネルの申込書と一緒に送信して下さい
e これを機に普通会員として入会を希望する方(複数可)
「入会申込書」を、5月20日必着で、日本宗教学会事務局に郵送して下さい
入会申込書に、「パネル申込者」と書き添えて下さい。
普通会員の入会は理事会決定事項のため、最終決定は7月1日の理事会で行います。

2.外国語による発表 日本語以外での発表者を会員・非会員を問わず1名認めます。

・発表に際しては、必ず日本語のレジュメを用意すること。
・議論に際して通訳等を行える人がパネルのメンバーの中にいること。
・『宗教研究』(別冊)に掲載する発表要旨は、日本語とすること。

3.申込方法 「パネル発表の申込書」を大会ホームページからダウンロードして下さい。
代表者が申込書にご記入の上、必ず、E-mailの添付ファイルで送信して下さい。
・メールの宛先「第76回学術大会実行委員会」アドレス: jars76th@gmail.com
・メールの件名「パネル発表申込 代表者の御名前」 例:パネル発表申込 鈴木一郎

4. パネルの持ち時間と申込人数 100分の場合 計4名 120分の場合 計5名 とします。
・司会は、パネル構成員の1人が行う。
・コメンテータを入れる/入れないは、自由とする。

5.パネルの題目、発表題目についての規定  ともに30字以内とします。
・ 30字以内。
・副題がある場合は、副題の前後にダッシュ(―  ―)を付け、ダッシュを含めて30字以内。
・欧文(スペースを含む)は、2文字を1字と数える。
・欧文以外は、すべて1字と数える(算用数字、カタカナの人名に付したイニシャルと中黒、括弧など)。
・発表題目中のギリシャ語、サンスクリット語等はローマ字化する。
・同一タイトルで、(1)、(2)、(再)、(続)といった継続番号を打つ発表は認めない。

6.審査結果の報告 理事会の審査を経て、7月初旬に代表者に通知します。

プログラム委員会