パソコン用プロジェクターの使用に関するご注意

発表申込者各位

日本宗教学会 第76回学術大会実行委員会

第76回学術大会での発表において、パソコン用プロジェクターの使用を希望される方は、以下の注意を熟読してください。
発表申込の際に機材の使用申込が行われない場合、また発表申込後に変更がある場合、対応はいたしかねます。
機器の動作について完全な動作保証は難しいため、ご心配な方は事前に大会実行委員会にご相談ください。

① パソコンを持参する場合

各部会会場で使用するパソコン用プロジェクターは、VGA(D-Sub15ピンのアナログ接続)にのみ対応しています。音声出力は可能です(オーディオケーブルは会場にあります)。
※対応している接続部の形状
Dsub

HDMI、DVI、USBなどの接続方式には対応していません。
パソコンによっては(Macintosh等)、直接接続できない場合がありますので、VGA変換アダプターをご持参ください
また、ご持参のパソコンが接続できないトラブルも起こりえますので、USBメモリーにプレゼンテーション資料を保存してお持ちください。

② パソコンを持参しない場合

USBメモリーで、プレゼンテーション資料を、午前の部、午後の部それぞれの開始15分前に各会場にお持ちください。
その他の記録メディアをお使いになる場合は、USB接続に変換する機器を各自ご持参ください。
事前にお持ちになる記録メディアのウィルスチェックを必ず行ってください。
会場に用意されるパソコンは、Windows 7(日本語版)で、PowerPoint 2013です。音声の出力も可能です。
他のOS(Macintosh, UNIX等)や他のソフトウェア(Keynote, OpenOffice.org等)、特殊フォントには対応しておりませんので、ご注意願います