日本宗教学会第76回学術大会開催のご案内

会員各位

日本宗教学会第76回学術大会実行委員会

日本宗教学会第76回学術大会開催のご案内

2017年度、日本宗教学会第76回学術大会を東京大学本郷キャンパス(東京都文京区本郷7-3-1)において、下記の日程で開催することになりましたので、ご案内申し上げます。

本大会では特に大会テーマは設定いたしませんが、大会初日に「歴史のなかの大学と宗教研究」と題する公開シンポジウムを行う予定です。開催校の東京大学には、1905年という世界的にみても早い時期に宗教学の講座が設けられ、その後多くの大学に宗教研究の場が生まれて、日本の学術的宗教研究は質量ともに豊かな成果を挙げてきました。本学会はその代表的学術団体としての役割を担い、発展しつつあります。しかし、近代的宗教研究が大学制度のなかで開始されておおよそ一世紀半、内外の宗教研究が置かれている状況は、制度上も、研究方法の点でも、また宗教・政治・社会的状況の面でもさまざまな変遷を経てきました。今日も新たな変化の時期を迎えているのかもしれません。公開シンポジウムでは、宗教研究と大学との関わりを歴史的に振り返るとともに、今日的課題についての展望を得ることをめざします。

多くの会員のご参加をお待ちしております。

本大会での研究発表の形式は、例年通り「個人発表」「パネル発表」の2種類です。発表申込締切は、5月20日です。
大会にご参加の方は、オンラインにて5月20日までにお申込下さい。大会参加費および懇親会費は、ファーストサーキュラーに同封の振込用紙をご利用の上、8月10日までに、ご送金下さい。

【開催期間】2017年9月15日(金)~17日(日)

【開催場所】東京大学本郷キャンパス(東京都文京区本郷7-3-1)

【開催日程】
9月15日(金)
学会賞選考委員会 12:30-13:30
各種委員会 13:00-14:30
開会式 14:30-14:40
公開シンポジウム 14:40-17:40
理事会 18:00-20:30
9月16日(土)
研究発表 9:00-12:40
評議員会 12:40-14:00
研究発表 14:00-16:00
会員総会 16:20-17:40
懇親会 18:00-20:00
9月17日(日)
研究発表 9:00-12:15
『宗教研究』編集委員会 12:15-13:00
プログラム委員会 12:15-13:00
研究発表 13:15-16:10

※時間は仮のものです。7月の理事会で最終決定します。

追記
1. 「個人発表の募集要項」「パネル発表の募集要項」の規定を厳守して下さい。
2. 5月20日以降の申し込みや内容の変更には応じられません。発表日時の希望は一切認められません。
3. 個人発表に申し込む際は、必ず、発表題目・分野・キーワードを記入して下さい。
4. 「個人発表」「パネル発表」ともに、一人の研究発表時間は15分、質問時間は5分です。「パネル発表」に限り、発表者数 × 5分の質問時間を確保することを条件に、パネル全体の時間配分をお任せします。
5. 理事会承認後の発表取り消しは原則として認められません。やむを得ぬ事情により発表を取消す場合は、速やかに、大会実行委員会に連絡をして下さい。十分な理由なく発表を取り消した場合、次年度以降の発表が認められなくなることがあります。
6. 前納いただいた大会参加費・懇親会費は、実際のご参加の如何にかかわらず返金はできません。
7. プログラムは7月末に発送予定です。送付先は、参加申込済みの会員の他、名誉会員・維持会員・賛助会員です。