2007年度学術大会

2007年度の学術大会の御礼

2007年度学術大会プログラム委員会

2007年度の日本宗教学会第66回学術大会は、2007年9月15日(土)~17日(月・祝日)に立正大学大崎キャンパス(東京都品川区)において開催されました。
本大会では、大会テーマを「宗教―存在の深層へ」とし、さまざまな宗教現象について、存在論的あるいは身体論的に掘り下げる発表を期待しましたところ、多くの方々からお申し込みを頂きました。
参加者数はおよそ500名、うち2日間の研究発表では260名以上の個人発表に加え、9組のパネル発表によって10部会が構成され、それぞれの会場では質疑応答が活発に行われていました。
本大会が成功裏に終了いたしましたことは、会員諸兄ならびに、準備にあたった実行委員会、および開催校関係者のご協力の賜と深く感謝し、この場をお借りして皆さまに、お礼申し上げます。
大会プログラム:第66回大会プログラム



日本宗教学会© 2014
All Right Reserved by Japanese Association for Religious Studies.
  • ブログロール


  • Parent page: 学術大会
    Top